2016年06月15日

マッケイ?ドブ?何それ?

今、手がけている靴は、『マッケイ式』と呼ばれる方法で
作っています。
これは、靴の本体と底を結合させる方法のひとつで、あらかじめ
本底に、縫い目に合わせて『ドブ』と呼ばれる溝を掘り、本底を
中底に直接縫い付けています(写真では分かりにくいですが、糸が
ドブに沿って進んでいます)。

derby05.JPG

本来は機械でやるのですが、うちでは手縫いしています。
本底を革で仕上げる場合(つまり、地面につく部分が革になります)
には、さらに、『ドブ起こし』と呼ばれる作業をします。
これは本底の断面から切り込みを入れ、その中に『ドブ』を掘り、
縫い目を隠します。
で、肝心の『マッケイ』って何なのかというと、人の名前なのです。
ただし、この方法を発明した人ではなく、特許権を譲られた人です。

以上、つい専門的になりがちな靴用語について書いてみました。
posted by mymyshoeworks at 19:03| Comment(0) |